ヘッドアップディスプレイ
19800円

取付はobdポートに差し込み
タコメーターの無いsmartKにぴったりです。
表示はタコメーター・デジタルスピードメーター・水温計・電圧計・スピード警告音設定も可能
その他12項目多機能設定可能 
詳細は下の方に記載してあります!! 

            451型取付例
450型取付例

1)デジタルスピード表示:現在の速度
2)回転速度【タコ】:エンジン回転数にあわせたスケール(タ       
  テ曲線型積算目盛り表示
3)Water temp(水温)デジタル表示
  :温度が115度cに達すると自動的にアラーム&ライト点灯
  表示
4)4)Tips for shifting gear(ギアをシフトする為のヒント)
  エンジン回転数や走行速度がある一定の数値に到達
  すると燃料を節約する為にギアチェンジ(ギアアップ)を促す。
5)Tips for over speed(スピードオーバーのヒント)
  :制限速度を登録すると制限を超えた際に表示が明滅し
   アラームがなる。
6)Immediate one hundred kilometers/instantaneous fuel
consumption(即時100キロ/瞬間燃費)
  :速度が1L/100km時の燃費を表示
7) 1)の表示は、Unit of kilometer(キロメータの単位)
  :国際的な単位のシステムにより時速はKm/hで表示
8)Battery voltage(バッテリーボルテージ):バッテリーボルテージ
   が12Vかそれ以下の際警告ランプが点灯してお知らせ。
9)Buzzer mark(ブザーマーク):赤の音声スイッチボタンでブザー
   音のオン/オフが出来ます。

他に設定値リストがあり
ここを設定することで、以下の内容設定が可能となります。

01)アラームの切り替え切/入→0:オン 1:オフ
   本体の『SET』を押す事で保存設定にできます。
02)問題コードの検出→オン 1:オフ
   オンにすると起動後テスト結果の問題コードを自動検出表示
   しますが、スマート(車両)で使用の履歴及び現在コード表は
   出しておりませんので、コードナンバーでの問い合わせには
   現在まだお答え出来ません。
03)シフトギアの回転速度→この数値に10を掛けたもので変速ギ
    アの数値をお知らせ
04)シフトギアの上限→クルマの速度がこの数値を上回ると変速ギ
    アのお知らせは作動しません
05)スタンバイを遅らせる→これは、エンジンキーを切った後、どの位
    でこのHUVがスタンバイ状態になるかを設定するのに使われ
    ます
06)スピードオーバーアラーム→クルマの走行スピードが設定数値を
    上回るとアラームがなります。80Kmの場合80kmに設定
07)水温アラーム→水温が設定数値を上回るとアラームがなります。
08)オイル消費率は、オイル消費量のずれを調整する為に使用
     現在使用段階で、ガソリン消費量なのか?エンジンオイル
     消費量なのか確認中 どうもガソリン燃費の様ですが
     使い方が未だ不明瞭です。
09)ボルテージアラーム→電圧が設定値(10で割った数値)を上回る
     とアラームがなります。
10)現在の通信条約→クルマは、他の車両の通信条項も維持でき
     別の車両(450・451・453・453型のスマート各車及び同等の
     OBDポート採用の対応車両に取り外して使う事が出来ます。
     デフォルトは0です。

シーズスタッフ